春は自律神経の乱れが気になる!自律神経失調症の改善方法・治し方

5026

春はとてもさわやかで心地良い…と思っていたら、気候の変動は激しいし、お店はもう冷房を入れているところもあって体温調節が難しい…。

春って、実は自律神経にとって過酷な季節なの!?

スポンサーリンク

今日は子供と映画を見に行ってきました。

朝から晴れて、半袖でも汗が出るくらいの陽気でしたが、
よく行く映画館は冷房がキンキンに効いていることが多いから、
一応、はおるものを持参。

自転車で行ける距離なので、
子供と自転車を走らせていると、
汗がにじんできました。


映画館では案の定、もうクーラーの気配が…。

まだ5月初旬だと言うのに、電力がもったいないなぁ。


自転車に乗って汗がにじんだ分、
冷え込みます。


子供にも上着を着させましたが、
映画がクライマックスの頃には、
上着一枚では心もとないくらい冷えこんでしまいました。


帰りはちょうどお昼の、太陽が一番高い時間帯。

また、自転車をこいで「あっつぅ~~い」と言いながら帰りました。


夜、子供が「ママ、頭が痛い」と言うので熱を測ると、
微熱が…。


映画館で冷えたのが原因だと思います…。

でもなんであんなに冷やす必要があるのでしょう…?

スポンサーリンク

春は自律神経を崩しやすい季節

春は、ただでも気候が安定せず、寒さと暑さが交互に、
しかもビックリするくらい急激に入れ替わります。

そして、今日行った映画館のように、
無駄にクーラーをかける商業施設も出てきます。


自律神経にとっては、案外過酷な季節なのです。

自律神経を乱さないために、ちょっとだけ気を付けたいこと

自律神経失調症にならないために、
普段の生活習慣を整えておきましょう。

●カーディガンなど、はおるものを持ち歩く
●冷たい飲み物を控える
●夜更かしせず、生活リズムを整える
●毎日ぬるま湯に浸かる習慣を
●朝ごはんを抜かない
●ウォーキングなどの軽い運動を取り入れる

これらを実践するだけで、自律神経の乱れを防ぎ、自律神経失調症を改善することができます。


春の不調をそのままにして夏に突入してしまうと、本格的に体調を崩してしまいます!

季節の変わり目に負けない体を作りましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする