【血糖値コントロール】空腹時間が長いとドカ食いで肥満の原因に!

空腹時間が長くなると、次の食事でついつい必要以上に食べてしまう…。

そんな経験、誰にでもありますよね。

食事の時間が思うようにとれず時間があいてしまう時は、どうすれば良いのでしょうか?

3044

プチ断食ダイエットなどに代表されるように、食事の時間があくこと自体は、体にとって決して悪い事ではありません。

スポンサーリンク


空腹の時間が体内のミトコンドリアを活性化して栄養の分解能力を上げ、代謝を高めてやせやすい体になるということがわかっているからです。


問題は、空腹明けの食事でドカ食いをしてしまうこと


空腹明けの、たまりにたまった欲望にまかせてガツガツ食べてしまうと、急激に血糖値をあげてしまうことにもつながり、体にも良くありません。

食事と食事の間に、ちょっとした工夫をすることで血糖値の乱高下を防ぎ、ドカ食いを防ぎましょう。

スポンサーリンク

ガムやキャンディ、チョコレートなどで糖分補給

次の食事まで時間があいてしまい、おなかが持ちそうにないことがあらかじめ分かっている時は、ポケットに忍ばせておけるくらいのキャンディやガム、一粒チョコレートなどを用意しておきましょう。

3043

「お腹がすいた!」と思ったら、一粒口にします。

ガムなどをかむというリズムのある行動は、ストレスを和らげ、一時的に空腹感を和らげる効果もあります。

ガムをかむことで、顔の筋肉を使うことにもなるので、顔のタルミ予防にもつながります。


左右両方の歯を均等に使うようにしましょう。


キシリトール入りのガムなどは、虫歯予防効果もあるので、イチオシのアイテムです。

エネルギーの高い飲み物で糖分補給

ドリンクヨーグルトやフルーツジュース、ショウガ入りはちみつドリンクなど、エネルギー補給効果がある飲み物を飲むのもおすすめです。

3045

ドリンク類の中でも、栄養価の高いもの・糖分の多いものを体に入れることで、血糖値を落ち着かせ、栄養補給につながります。

※カロリーゼロのドリンクは、ダイエット効果が低いどころか、かえって太ってしまうことがあるという研究報告もああるので注意しましょう。

ダイエット炭酸飲料の飲み過ぎは太るって本当!?


美容効果の高い成分入りドリンクなら、おなかがすいているので吸収も良く、肌にも良いので一石二鳥です。

虫歯や歯周病に気を付けて!

キャンディや粒チョコなどをちょこちょこ食べる際に気をつけたいのは、歯のメンテナンスです。


間断なくものを口にしていると、歯のペーハーバランスが崩れたままになり、虫歯になりやすくい口内環境を作ってしまいます。


歯磨きやうがいなどで、口腔ケアにもしっかりと気を配りましょう。

ポイントまとめ

●空腹時間を作ることは悪い事ではない。血糖値の乱高下と空腹感によるストレスを緩和することが大切。

●粒チョコやキャンディ、ガムを常備しておく。

●栄養価の高いドリンクを飲む。

●歯磨きなどの口腔ケアを忘れずに!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする