【顔汗がひどい】顔から汗が出る原因と止める方法、おすすめ制汗剤

体は全然汗をかかないのに、顔からは吹き出すような汗が出てしまうことがあります。

他人から見て目立つ場所なので気になってしまい、余計に症状が悪化してしまう事も…。

顔汗で悩む人は少なくないのに、なかなか人に言えなくて困っている方が意外と多いのです。


なぜ顔汗をかいてしまうのでしょうか。

その原因と顔汗を止める対策方法もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

汗腺の数は3歳までに決まる

同じ条件下で運動などをしても、汗をよくかく人とあまり書かない人がいます。

その直接の原因は、汗腺の数。

汗をよくかく人は汗腺の数が多く、あまりかかない人は感染の数が少ないのですが、この汗腺の数は、3歳頃までの生活環境で決まります。


3歳頃までに暑い地域に住んでいたり、よく運動をしたりなど、汗をかきやすい環境下で育った人は汗腺が多く、そうでない人は汗腺が少なくなるのです。

顔の汗腺の数も体に比例しているので、顔だけでなく全身に汗をかきやすい方は、汗腺の数が通常より多いと考えられます。

顔だけに汗が出る原因は運動不足!?

全身はそうでもないのに、顔だけはダラダラと汗をかいてしまうという場合、運動不足が影響していることがあります。

暑さや運動などで体が熱を持った時、体は汗をかいて蒸発させながら熱を逃がすことで体温調節をしていますが、日頃から運動不足等で汗をかく機能を使っていないと、汗腺が休眠状態に入ってしまうのです。

このような状態で急に汗をかく環境におかれると、比較的動きの多い顔の汗腺だけが働き、その結果として顔汗だけが多く出てしまう…、という状況につながります。

更年期障害や病気の場合も

45歳~55歳前後の女性なら、誰でも更年期障害になる可能性がありますが、更年期障害の症状のひとつとして、ホットフラッシュというものがあります。

※更年期障害は、男性にも起こる可能性があります。


ホットフラッシュとは、何の前ぶれもなく顔や体が熱くなり、顔から吹き出すように汗が出て止まらなくなる症状です。

このような場合は、婦人科などで適切な治療を受けましょう。


更年期以外でも、病気が原因で顔汗が出てしまう事もありますので、気になる場合は病院を受診してください。

スポンサーリンク

顔汗の改善方法

顔汗を改善するためには、やはり日ごろからしっかり汗をかく習慣をつけることが大切です。

有酸素運動を中心とした運動なら、顔汗改善以外の健康効果も期待できます。

自転車に乗ったり、できるだけ早足で散歩するなど、軽い運動習慣を作るのがベスト。


週2~3回、30分ずつ程度でも効果があります。

通勤や普段の移動を早歩きにしたり、少し遠回りするだけでも良いので、ぜひ習慣化させてみてください。


どうしても運動するのが無理な場合、お風呂でしっかり汗をかくのもおすすめです。

40度を超えない程度の温度のお湯に、15分~20分程度ゆったり浸かります。


この時のお湯の量は、半身浴ではなく全身浴がおすすめ。

半身浴では体が温まりにくく、汗をかきにくいので、肩までゆったり浸かってしっかり汗を流しましょう。


日頃から汗をかきやすい生活を続けて行くことで、顔だけから吹き出すように汗が出る顔汗は改善されていきます。

制汗剤で汗をおさえる

顔汗は、顔用の制汗剤を塗っておくことでかなり改善されます。

「汗がでるかも」という予期不安からも解放され、快適に過ごすことができますので、今すぐ顔汗を何とかしたい方は、ぜひ試してみてください。

顔にも使えるおすすめ制汗剤

サラフェ+(サラフェプラス)

【サラフェ+(サラフェプラス)】は、フェノールスルホン酸亜鉛で汗をおさえながら、ナノセラミドや植物エキスなどのうるおい保湿成分で肌を守るジェルタイプの顔用・体用制汗です。

定期購入初回は5,480円。

定期コースの回数縛りもなく、体に合わなかった場合も返金保証付きなので、安心してお試しできます。

ワキ・背中・胸元・首・顔にも使える薬用制汗ジェル【サラフェプラス】商品概要


顔専用制汗デオドラント剤・薬用ノエミュ

薬用ノエミュは、汗をおさえる成分フェノールスルホン酸亜鉛が高濃度配合された顔専用デオドラント剤です。

定期初回限定86%OFFの980円。
定期2回目以降は4,980円です。

顔汗の悩みに顔専用制汗デオドラント剤【薬用ノエミュ】商品概要


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする