角栓がごっそり取れるけど…シートタイプの毛穴パックは危険!

5077

気になる鼻の毛穴に詰まった角栓。

これをシートタイプの毛穴パックでベリッとはがすと目に見えてたくさんの角栓が取れます。

あれは気持ちイイですよね。

でも実はこのタイプの毛穴パック、結局は毛穴を広げたり、角栓を増やしてしまうだけでなく、肌荒れや炎症を起こしてしまう危険性もあるのです…!

特に頻繁に毛穴パックを使っている人は要注意!

スポンサーリンク

シートタイプの毛穴パックが危険な理由

そもそもシートタイプの毛穴パックは、毛穴の角栓に接着剤を付けてムリヤリ引き剥がすというものです。

毛穴パックの後に取れた角栓を見ると、そこに薄い膜みたいなものが付いているのに気付いたことはありませんか?


あれは、肌表面の角質


つまり、毛穴の角栓と一緒に、肌の薄い皮膜も一緒に剥がしてしまっているのです。


角質には本来、外部の刺激から肌を守り、肌の水分が蒸発してしまわないように保護する働きがあります。

これをはがしてしまうと、外部からの刺激に弱く乾燥しやすい肌になってしまうんですね。


その上、ムリヤリはがして傷を負った肌から細菌が入り込んで、炎症を起こしてしまうことさえあります。


角栓を落とすつもりが、荒れたボロボロのお肌になってしまうなんて本末転倒ですよね…。

スポンサーリンク

シートタイプの毛穴パックで毛穴が広がるし脂っぽくなる!?

シートタイプの毛穴パックをした後、角栓が抜き取られた毛穴がポッコリと広がったまま…というのは、やったことのある人なら誰でも経験があるのでは?


無理やり角質をはがした後の肌は、自分で回復する能力が奪われ、開いた毛穴を補修する力を失っています。


その上、肌バリアを失って乾燥しやすくなった肌は、皮膚を保護しようと、必死になって皮脂を分泌します

その皮脂がまた酸化して角栓となり、毛穴が開いてしまっている分、余計に目立つようになってしまうという悪循環に…。


「それならパックした後化粧水などで毛穴を引き締めてあげればいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、化粧水で毛穴をピッタリと閉じることは不可能です。

何より、傷を負い乾燥した肌は硬くなっているので、毛穴も閉じにくくなっています。


これ以上毛穴を広げたくなかったら、シートタイプの毛穴パックを使うのはやめましょう。

でも角栓が気になる…!という人は、洗い流すタイプのパックかオロナインパックがおすすめです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする