モチモチ泡洗顔料で毛穴の汚れ・くすみを取る【モッチスキン】

のびるモチ泡洗顔料『モッチスキン』の商品概要

『モッチスキン』は、ワンプッシュで手軽に必要な泡が出てくる、泡立てる必要のない洗顔料です。

のびるモチモチ吸着泡が汚れをしっかりからめ取るので、蓄積した毛穴の汚れ・くすみ・一日の汚れをスッキリ洗い流してくれます。

こんな方におすすめ!

・毛穴の汚れ・開きが気になる
・肌のザラツキが気になる
・くすみや色素沈着が気になる
・ニキビ・吹き出物・肌荒れが気になる
・乾燥肌で悩んでいる

酵素パワーとモチモチ泡で、シッカリ汚れを取る

独自処方のモチ泡と、肌にやさしいソフトピーリング作用のある酵素のチカラで、肌と毛穴に蓄積した汚れを少しずつ取り去り、透明感のある肌に導きます。

しっかり保湿成分で、洗顔後もしっとりをキープ

洗顔料としては驚くほど多くの美容成分・保湿成分が配合されています。

モッチスキンによる洗顔が、ヨゴレをしっかり除去するのに洗い上がりがシットリしてつっぱらないのは、このためです。

主要な美肌成分・保湿成分

・アルガニアスピノサ核油
・セラミドNP
・セラミドNG
・セラミドAP
・ヒアルロン酸
・バオバブ種子油
・フィトスフィンゴシン
・トコフェロール
・スクワラン
・水添ハチミツ
・海シルト

【全成分】
水、PEG-8、グリセリン、LPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ポリアクリル酸Na、メチルプロパンジオール、塩化Na、エチルヘキシルグリセリン、カプリルヒドロキサム酸、二酸化炭素、パパイン、マルトデキストリン、水添ハチミツ、海シルト、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、セラミドNP、フィトスフィンゴシン、セラミドNG、セラミドAP、ヒアルロン酸Na、バオバブ種子油、トコフェロール

価格

モッチスキン150g(約1か月分)

1本 1,800円~(税別)

スポンサーリンク

モチモチ泡洗顔料【モッチスキン】の口コミまとめ



ワンプッシュで濃密泡が出てきます。
ネバネバのシェービングフォームみたい(笑)。
敏感肌で、洗顔料選びを失敗してしまうとピリピリしたり荒れたりしてしまうのですが、コレは大丈夫でした。
洗い上がりのつっぱりとかもなく、しっかり洗い上がる感じです。



面倒な泡立てが不要なので楽です。
においはほとんどなく、ネバネバ・モチモチの泡で、洗顔中も全然ヘタレません。
手と素肌の間に柔らかいクッションがキープできるので、やさしく洗えます。
洗浄力は高いと思いますが、洗い流した後のヌルつきがなかなか落ちないのが難点。
お風呂では良いけど、朝はちょっと使えないですね。



大人ニキビに悩んでいましたが、洗顔料をコレに変えてから徐々に改善されてきています。
今までの洗顔料より手軽に使えるようになった上、ニキビも減って助かっています。


スポンサーリンク



本当にすごいモチモチ泡。強い粘りで、吸着力もスゴイです。
角栓の汚れも吸引されているような感覚。
泡を流すのがちょっと大変ですが、洗い上がりはしっとり・ツルツル肌になります。
お値段が高めなので続けるのをためらってしまいますが、1回の使用量は意外と少なくて済むので、コスパ的にはそんなに悪くないと思います。



スゴイ弾力で、ネバリのあるしっかりした泡です。
その分泡ぎれは良くないですが、汚れはシッカリ落ちていると思います。
黒ずみ毛穴がキレイになってきて、肌もシットリです。



自分の手やネットで泡立てるより、確実にシッカリした泡が出てきます。
洗い流すのに少し時間がかかりますが、泡立てる手間とのプラマイゼロくらいの感じです。

使用開始後1か月くらいで、気になっていたザラツキやゴワゴワした感じが改善されてきました。
こころなしか、毛穴も小さくなったような。
値段設定が高めのように思われるかもしれませんが、費用対効果で考えると、私には高くない値段設定だと思います。


モッチスキン 吸着泡洗顔

新品価格
¥1,890から
(2017/11/1 19:02時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする