大人ニキビが治らない!スキンケアだけでは限界?正しい改善方法は

大人ニキビは、10代頃の思春期ニキビと違って「〇歳頃になれば自然に治る」というものではありません。

さすがに50歳前後になってくれば、大人ニキビも落ち着いてきますが、それまでゆっくり待てるというものでもありませんね。

大人ニキビは、治ったと思ってもまた出て、いつまでも繰り返す特徴があります。

大人ニキビを治すためには、原因を知り、根本から対処していくことが必要です。

スポンサーリンク

大人ニキビの原因

大人ニキビと10代の頃の思春期ニキビの大きな違いは、その原因です。

思春期のホルモンバランスの崩れによる皮脂分泌の異常によって起こる思春期ニキビと違って、大人ニキビは間違ったスキンケア生活習慣の乱れストレスなどによって引き起こされます。

ストレスによってできる大人ニキビは、男性ホルモンが関係しているとも言われています。

男性であればヒゲが生える位置である、口元やあごの周りを中心にできることが多いのが、大人ニキビの特徴でもあります。

皮脂を取るケアで大人ニキビが悪化してしまうことも!

ニキビが気になっている人の中には、「私は脂性肌」と思っている方人も多いのではないでしょうか。

脂性肌だと思っていると、過剰な皮脂を取り去るスキンケアをしてしまいがち。


ところが、大人女性の肌にとって皮脂は、肌を守るための肌バリアを作る大切な構成要素です。

その皮脂が取り去られてしまうと、私たちの肌は紫外線や外部刺激などに対して無防備になり、ダメージを受けやすくなってしまいます。

そうなると皮膚は、表皮が危険状態にあると判断し、どんどん皮脂を分泌するようになり、肌はどんどん脂っぽくなっていきます。

ニキビの元となる、ドロリとしたスッキリしない肌触りの脂性肌になってしまうのは、そのためです。


脂性肌が進行すれば、大人ニキビは治るどころか悪化していってしまいますので、自然に出る皮脂は大切な肌バリアーであることを認識し、過剰な皮脂ケアは控えましょう

スポンサーリンク

大人ニキビを治すには化粧品のスキンケアだけでは無理

大人ニキビを治すためには、まずスキンケアを見直す必要があります。

大人ニキビの予防・改善専用スキンケア:価格・効能比較ランキング


大人ニキビの予防・改善のためには、正しいスキンケアに切り替えるのはもちろんですが、生活習慣や食事習慣、ストレスマネジメントなどの基本的な部分を見直さなければ、今で着ているニキビが治っても、次から次に新しいニキビができてしまします。

ニキビの根絶のためには、以下のことに注意して、改善できることから取り入れていきましょう。

質の良い睡眠をしっかりとる

睡眠の質や生活リズムが乱れていると、ニキビはなかなか治りません。

良質の睡眠を取るための注意事項は以下の通り。

◆朝起きたら朝日を浴びて、体内時計をリセットする

◆週3回・20分~30分程度、適度な運動をする

◆夕方以降のカフェインは控える

◆寝る予定の3時間前までに夕食を済ませる

◆寝る予定の2時間前にお風呂に入って体を温める

◆寝る前は部屋の光をダウンライトにする

食生活を改善する

体を作り、肌を作るのは毎日の食事です。

食生活が乱れていると、ニキビだけでなくあらゆる肌トラブルの原因となってしまいます。


野菜をしっかり食べ、良質のたんぱく質をとるようにしましょう。

炭水化物は食べ過ぎず・制限しすぎず、適度な量を食べるようにしましょう。


便秘がちな人は、海藻キウイフルーツなどの水溶性食物繊維をたっぷりとり、便通改善に努めましょう。

栄養豊富で食物繊維たっぷりの抹茶を毎日飲むようにすると、便秘がスッキリ解消するのでお勧めです。


甘いおやつやジャンクフードは、肌に良いことはひとつもありません。

絶対食べてはいけない、ということではありませんが、ニキビが気になっているなら控えめにしましょう。


以上です。

ニキビが治ると思えば、難しいことはひとつもありませんね。

できることからでも良いので、ぜひ実践してみて下さい。

徐々に肌質が良くなり、ニキビが減っていくはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする