パルクレールジェルの全成分と成分解析!ニキビに効果がある理由

ニキビの予防・改善に効果があるとして話題のパルクレールジェル。

パルクレールジェルは、成分の98.8%が美容成分でできているという、美容成分のカタマリのようなオールインワンゲル。

どの成分がどのような働きをするのか、調べてまとめました。

pw0082

パルクレールジェルの全成分

『98.8%が美容成分』であると言うパルクレールジェルの全成分は以下の通り。

プラセンタエキス、アラントイン、油溶性シコンエキス、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン末、水溶性コラーゲン液、カモミラエキス(カミツラエキス)、アルニカエキス、オトギリソウエキス、加水分解シルク液、シナノキエキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカエキス、アルブチン、グリセリン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、スクワラン、トレハロース、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、精製水、フェノキシエタノール

確かに、美容成分の比重がすごいです。


特徴的なのは、保湿成分にかなりのウエイトが置かれていること、そして肌に吸収されやすいよう、加水分解などの加工が施されている成分が多いこと。

中でも冒頭の二つの成分『プラセンタエキス』と『アラントイン』はパルクレールジェルのイチオシ成分のようで、高濃度に配合されています。

配合されている主要成分にどのような効果・効能があるのか、調べてまとめましたのでご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

パルクレールジェルの美容成分

プラセンタエキス -美肌効果-

胎盤成分から抽出されたプラセンタには、肌のターンオーバーサイクルを促進する効果が期待できます。

pw0079

肌本来の新陳代謝を促し、ピーリング等に頼らず、ニキビのモトとなる角質層の代謝の滞りを改善します。

コラーゲンやヒアルロン酸等、肌の真皮を作る成分の生成を促す効果により、ダメージを受けた肌の回復を促し、キメを整えるので、ニキビあとや開いてしまった毛穴などの改善効果もあるとされています。

ターンオーバーの促進効果により、美白効果も期待できる、美容に欠かせない成分です。

アラントイン -殺菌・修復・消炎鎮痛作用-

アラントインは、傷やダメージの修復を早める作用(組織修復賦活作用)があることで知られています。

pw0080

さらに、アラントインには抗刺激剤作用消炎鎮痛作用があり、肌荒れやニキビ、湿疹・かぶれなどの治療薬にも配合されている、ニキビケアとしては有名な成分です。

油溶性シコンエキス(紫根エキス)

テレビ番組のアンチエイジング企画で話題になったこともあるシコンエキスは、保湿によって肌を整え、肌荒れやニキビ・吹き出物等の炎症をおさえ、ダメージの回復を促進する効果が期待できます。
油溶性なので肌になじみやすく、高い保湿効果で肌のうるおいを保ちます。

加水分解ヒアルロン酸

酵素などを使ってヒアルロン酸を加水分解し、低分子化したもの。

粘性が低く、超低分子成分のため、角質層に浸透しやすく、高い保湿効果が期待できます。
また、表皮にも水分を含んだ膜を作るので、冬の外気やエアコンによる乾燥などから肌を守ります。

ヒアルロン酸ナトリウム

化粧品の原料であるヒアルロン酸で、化粧品に配合される際はヒアルロン酸ナトリウムと表記されます。
ヒアルロン酸は、真皮が水分を保持するために必要な成分であり、高い安定性で肌のうるおいを守ります。

数多くの化粧品に使われているヒアルロン酸は、安全性においても高い信頼を得ている美容成分です。

その他の成分

肌にうるおいを与えるコラーゲンが、『加水分解コラーゲン末』および『水溶性コラーゲン液』という、肌への浸透力と保水力を高める形体に加工されています。

カモミラエキス(保湿作用・消炎作用・血行を良くする作用・美白効果)、オトギリソウエキス(収れん・保湿・抗炎症・抗菌)をはじめとする植物エキスが数多く配合されています。

それぞれの植物に特有の美肌効果・保湿効果がみとめられています。



パルクレールジェルには美容成分が豊富に含まれ、それぞれの成分に高い美容効果が期待できるようです。

次に、保存料などの添加物を見て行きましょう。

【パルクレールジェル】公式サイト

パルクレールジェルに含まれる添加物

水素添加卵黄レシチン

水素添加卵黄レシチン-水添加レシチン-は、合成界面活性剤の一種で、水分と油分をなじませる乳化剤として使われます。
合成界面活性剤としては毒性の影響がほぼゼロに等しいと言われており、無添加化粧品などに多く使われています。

卵黄リゾホスファチジルコリン

リゾホスファチジルコリンは、大豆や卵黄に含まれる脂質から成るリゾリン脂質で、天然の界面活性剤です。

1,2-ペンタンジオール

1,2-ペンタンジオールは合成の多価アルコールで、保湿剤としての役割もある、抗菌効果のある溶剤です。
化粧品によく使用されているBGよりはるかに低濃度で抗菌力を発揮するため、『パラベン不使用』の無添加化粧品などに使われることが多い成分です。

カルボキシビニルポリマー

カルボキシビニルポリマーは、安全性の高い水溶性高分子化合物です。
水やアルコール類などとの親和性が高いため、溶媒として使用されることが多い成分です。



パルクレールジェルに使われている保存料などの添加物は、肌への毒性や刺激がほとんど認められない、こだわりの安全成分である、と言うことができます。

(ちょっと想像以上でした。)

pw0084

サイト内推奨ニキビコスメランキングでも1位のパルクレールジェルは、口コミサイトのビューティーランキングなどでも1位を獲得しています。


しつこく繰り返す大人ニキビに悩む方には、一度は試してみていただきたい低刺激・自然派オールインワンゲルです。

【パルクレールジェル】公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする