スクワランとスクワレンの違いと肌への美容効果

スクワランとは

スクワランとは、ヒトやサメなどの動物、オリーブやベニバナなどの植物などに含まれる天然成分スクワレンをもとに、化学的に水素添加し、分子を安定させて酸化しにくくした保湿成分です。

保湿性と潤滑性に優れたスクワランは、美容液や保湿クリームなどのスキンケア用品に数多く使用されています。

肌の皮脂膜としての役割を果たし、バリア機能を回復させて潤いを保つ効果が期待できます。

スポンサーリンク

スクワレンとは

一方のスクワレンは、美容と健康のために欠かせない成分です。

ヒトの体内にも元々存在していますが、20代前後をピークに、加齢により減少していってしまうため、乾燥や潤い不足が気になる方は、サプリメントとして摂取するのもおすすめです。

通常サプリメントとして流通しているスクワレンは、主に深海鮫の肝油中に含まれる成分が使用されています。

スクワレン自体は、そのままでは酸化しやすいため、カプセルなどに入れられ、空気を遮断することで酸化から守られています。

スポンサーリンク

肌になじみやすくベタつかないスクワラン

ヒトの体内にも存在する天然成分をもとに作られたスクワランは、皮膚への親和性がとても高く、しかも安全な美容成分です。

親油基と親水基を併せ持つため、肌なじみが良く、ベタつきにくいという特徴があります。

凝固しにくく酸化しにくい安定した成分であり、肌の上でも安定した状態が保たれるため、長く使うスキンケア製品の原料としても適しています。


スクワランが配合されているおすすめスキンケア製品
脂肪幹細胞美容液シグナリフトで再生医療スキンケア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする